ハイビスカス☆

e0016095_18151472.jpg
e0016095_18152843.jpg


ハイビスカスチンキを3週間ほど漬けました。
早速化粧水に・・・
綺麗な色でしょう~☆
みてるだけで涼しげ・・・
使用感はさっぱりしっとりで、ビタミンCがたっぷり含まれれているのでシミ対策にもなりそう。


e0016095_1832173.jpg


ハイビスカス
ブッソウゲ(学名Hibiscus rosa-sinensis)
(英名rose of China、Chinese hibiscus)
別の名前でロゼーラという。

・葵(あおい)科。
・ Hibiscus は、エジプトの神「Hibis」とギリシャ語の「isko(似る)」が語源らしい。

有効成分
アントシアニン系色素・リンゴ酸・クエン酸・ハイビスカス酸・アミノ酸・ビタミンC・鉄・カリウム・カルシウム ・ミネラル

薬効
強肝・強壮・健胃・利尿・代謝促進

効用
運動疲れ・パソコンの疲れ目・二日酔い・夏ばて防止・煙草の吸い過ぎ・食べ過ぎ
・肌荒れ・むくみ防止

利用部分
花がしぼんだ後のガク(ティー・ジュース・テンプラ・味噌汁・お酒の着色にも)

・生葉は煮物に・乾燥葉は刻んでお茶に

観賞用としてのハイビスカスとは違います。




・夏に開花する。

・インド洋や太平洋の島々が原産地。
ハワイに持ち込まれてから広まった。 ハワイ州の州花。
摘んでもなかなかしおれないので 「レイ(花の首飾り)」に使われる。

・ネパールでは聖なる花として大切にされている。

・学名は「ヒビスカス」だが、一般には「ハイビスカス」と呼ばれる。

・別名「仏桑花」(ぶっそうげ)。
漢名の「扶桑」に「花」をつけて「扶桑花」と名づけたものがさらに変化して「仏桑花」になった。 「仏桑華」と書くこともある。

・7月11日、9月22日の誕生花

・花言葉は「勇ましさ」「華やか」


~蓮華☆香房ブログ併用記事~
[PR]

by minmin54 | 2006-08-27 18:39 | ハーブ

<< 救い・・・ 2人になりました・・・ >>