御念珠作り


e0016095_229943.jpg


先週お香研修旅行で高野山へ行って参りました。
お香司仲間の方が事前に予約をしていてくださり、高野山宿坊にて御念珠作りをしました。

生まれ年の守り本尊と真言(マントラ)を教えてくださり、角木に焼印した守り本尊の梵字をくださいます。
母珠は、奥之院の霊木である「高野杉」、他の珠には高野槇などを用いて作っていきます。

弘法大師(空海)の生い立ちのお話を聞いた後、目を閉じて邪念を払い、心を落ち着かせてから始めます。

3種類の紙やすりを使って、母珠を自分の魂だと思いながら優しく丸く滑らかにしていきます。
紐を通して、片方に6つ罪穢れを反省し懺悔して、もう片方に6つ願い事をして紐を通します。
最後に角木を通し紐を編みこみ、角木の裏に自ら名前を焼印して完成です!

簡単に説明してしまいましたが、実際はゆっくり丁寧に教えて下さいます。
予定時間を大幅に過ぎたにもかかわらず、懇切丁寧に最後まで教えて下さいました。

私的な願い事をして紐を通したら、結局外す羽目になり、心の中でごめんなさい・・・をして、世界が平和でありますように・・・と5つ紐を通し、最後の1つは私的なお願いごとをしちゃいました。(まだまだ欲深いです・・・私)

とてもありがたい貴重なひとときでした☆

主宰中前さんの魂から湧き出る言霊が、私の魂に優しく深く染み込み、そして響きました・・・
高野山へお寄りの際は、是非中前さんの言霊に触れながら御念珠を作ることをお薦めします☆


高野の数珠 光木阿字観 (中前建具店) 
[PR]

by minmin54 | 2005-12-01 02:34 | 神社仏閣

<< 癒しフェア コンサート☆ >>